長崎県佐世保市|児童養護施設|社会福祉法人若竹寮|天心寮|若竹の家

  • おおきな桜の樹のしたで。
 

たけのこ通信(令和3年度)

 
フォーム
 
夏と言えば……?
2021-07-25
子どもたちは夏休みがスタート
毎日夏日が続き、子どもたち・職員共に熱中症にならないように日々気を付けながら過ごしています。
 
急に出現したのは……大きなビニールプール
子どもたちは朝から昼まで水遊び
幼児さんだけ……かと思いきや、小学生に中学生に職員も交じり楽しみました
 
コロナ禍でなかなかお出かけができない中、施設内では子どもたちが楽しめるようにいろいろな策を練っています
季節を感じることができるように、日々の生活にメリハリがつくように、そしてゆっくりと落ち着けるように……
 
みなさんは”夏”といえば何をされますか??
 
いざ、勝負!
2021-07-04
いよいよ夏本番まっしぐら。。。
と言いたいところですが、やっと梅雨本番の模様。
各地で土砂災害が相次いでいますが、若竹の家も山間部にあるため子どもたちには注意を呼び掛けています。
 
そんな中、、、
子どもたちは施設内の木々や草に虫網を持ち近づき、虫さんたちと戯れています
施設のまわりにはカブトムシ・クワガタ・セミ・トンボなどなど……幼児から中高生までみんなの興味を引き付けてくれます。
 
この写真は、あるホームの玄関での1枚。
ガチンコの睨めっこ。
どっちが勝つかな……??
 
これは……?
2021-06-10
若竹の家では2~18歳までの子どもたちが、幼稚園・小学校・中学校・高等学校と各学校に通いながら、施設を“家庭”として活用し生活を送っています。
 
それぞれの発達段階に応じて職員は遊びを提示し、子どもたちと一緒に時間を共有することができるように工夫を凝らしています。
 
この写真は幼児のきょうだいが地面に描いた絵。
カレーパンマン?カエル?大人は何の絵かわからないことも多々ありますが、子どもたちは一生懸命自身が描いた絵について伝えようとしてきます。また、絵からもメッセージが伝わりますよね?
 
みなさんは何の絵だと思いますか?
 
おかえりなさい!……あれ?
2021-05-31
「おかえりなさい!」
今年もツバメさんたちが巣を作っています。
 
毎年、心理棟で巣をつくっているのですが、今年は小規模GC棟(子どもたちが生活する建物)の中庭側。
子どもたちもいつもと違う場所に巣があるためびっくり!
巣の近くに部屋がある子はツバメが窓に衝突しないか心配していました……
 
中庭で遊んでいるときにいつでも目に入るため、雛が誕生したら成長がよくわかるかもしれません。
無事大きくなりますように……。
 
ある日の昼食
2021-05-16
元気に学校から帰ってきた週末の昼食。
 子どもたちの大好きなセルフドッグ
 
「ケチャップをたくさんかけたら持てなくなった
と困り果てる中学生の女の子の一言でした。
 
自分で好きなものをのせたらおいしさ倍増だね
 
今年は早い梅雨入り……
2021-05-15
今年は例年よりも早い梅雨入りとなりました。
若竹の家で生活をする子どもたちは梅雨だからこそ……
室内で何かできないかと職員と一緒に模索しています。
 
この写真は幼児・小学生の合作の梅雨の壁面です。
それぞれができるところを取り組んでくれました。
そういえばまだカタツムリを目撃していないな……。
 
長梅雨になりそうですので施設でも災害対策には力を入れていこうと思います。
皆様も十分お気を付けください。
 
今年も豊作を願って……
2021-05-02
ここ数年、ある職員が毎年夏野菜を栽培しています。
自費での栽培のため安い土・肥料だけを使っています。
 
職員の勤務は交代制のため、不在時は子どもたちが管理をお手伝いしてくれています。
トマトは小学2年生の生活科で育て方を学習します。
また理科でも植物の生育について学びます。
水やりに目かきに雑草取り……小さな手間ですが、子どもたちにとっては大切な経験かなと思います。
 
子どもたちはトマトが実ると「トマトトマト」と顔を赤くなったトマトのように…しながら食べたいとアピール。
 
あと半月ほどで実るかな。
今年はアブラムシがつきませんように。。。
 
赤い小さなお客様
2021-04-26
幼稚園への登園前に散歩をしていると……
草むらに小さな赤いものが!
 「カニ」「カニ
と騒いだ後はじっくり観察。
 
若竹の家にはたくさんの生き物が生活をしています。
自然と触れ合うこと……
小さな発見を繰り返すこと……
自然の環境が子どもたちを大きく成長させてくれています。
 
まるで本物!?
2021-04-20
ある小学生の男の子の作品。
 
図書館でダンボール工作の本を借り、それを見ながら一生懸命作った力作!
まるで本物のような出来に、自慢げに多くの子や職員に完成を報告していました。
 
これまでも彼はたくさんの工作をつくってきています。
UFOキャッチャーやガチャガチャ、、、思い出せないほどです。
得意なことはたくさん取り組んで伸ばしつつ、苦手なことにも少しずつ目を向けることができたらいいな……と願う今日この頃です。
 
みなさんは“青”“黄”“赤”のどのジュースのボタンを押されますか?
 
収穫されたタケノコを……
2021-04-01
本施設は竹藪で囲まれており、春になるとたくさんのタケノコが土から顔を出します。
 
子どもたちと職員で一緒になり、山に入りタケノコを毎日のように収穫します。
農家の方のように上手に掘ることは難しいですが、子どもたちにとってはイベントと同じような楽しさ。
今年も豊作で、子どもたちは「天ぷら!」「炊き込みご飯!」と食べたいものを口に出していました。
 
これはあるホームの台所の写真。
天ぷらにするためにあく抜きをしています。
今年も美味しく食べることができたかな??
 
<<社会福祉法人若竹寮>> 〒857-0112 長崎県佐世保市柚木町1848 TEL:0956-46-0500 FAX:0956-46-0501